小説:inspired by 清水翔太 『Friday』 第1話 Meguro 20:04 https://www.youtube.com/watch?v=NttWv2Hlwtg [img:1544345092749] 自宅近くの目黒駅のホームにアラタが立つのは遊びに行く時だけだ。 仕事も買い物も、愛用の電動機付き自転車で行く。 だから電車に乗るのは、どこからどんな経路で帰ってくることになるかわからない遊びの時だけだ。 仕事を終えた夜8時。 山手線目黒駅のホームは仕事帰りの大人たちであふれている。 慌ただしくすれ違うだけの人々の中に、共有して漂っている一つの空気がある。 「金曜日」。 家路につく人。 遊びに出かける人。 どちらにせよ、仕事のことを頭からやっと解放できるという安心感。 仕事の服から部屋着へ。 仕事の服からお出かけの服へ。 このホームの上で、あるいは電車で移動しながら、誰もが自分を着替えているのだ。 そんな、共有して漂っている一つの空気。 アラタは左手の腕時計を触った。 時計をつけている自分は、外に出ていく自分だ。 電話が鳴った。 画面を見ると、トモコだ。 その名前を確認してから、アラタは電話を取った。 次の電車が来るまで、2分ほどあったはず。 アラタ「あいよ」 トモコ「やっほー。アラタくん。久しぶり」 アラタ「おー、久しぶり。ってほどでもなくね?」 トモコ「そうだっけ。わかんない。ね、今何してんの?」 アラタ「今、出かける。ユウと出かける」 トモコ「マジ?! ユウくん?! どこ行くの? 一緒に出かけよ!」 アラタ「え、なんで。ユウと遊ぶんだけど」 トモコ「だから一緒に遊ぼうよ。私も今からちょうどミキと遊ぶんだけど!」 アラタ「あー、ミキちゃんね。ミキちゃん、久しぶり」 トモコ「でしょ! どこ行くの? 合流しよ」 アラタ「えーっと、とりあえずユウと合流したらまた連絡するわ。今日はたぶん、とりあえず2人で遊ぶかなー」 トモコ「冷たくない?! いいのかなー、ビッグニュースとかあるんだけど」 アラタ「ビッグニュースって、何それ?」 トモコ「いや、それは合流してからでしょ。いいのかなー、絶対聞きたいと思うんだけど」 アラタ「あ、電車来た。とりあえずユウと合流したら相談してみるけど、たぶんとりあえず2人だと思うわ」 トモコ「えー、遊ぼうよー。まぁいいや、また連絡して」 アラタ「あいよー、じゃあね」 アラタは山手線の外回りの車両がホームに滑り込んでくるのを待ち、乗り込んだ。 恵比寿でユウと待ち合わせている。 たった一駅の山手線に乗りながら、アラタはトモコのことを少し考えた。 大学の英語のクラスの同級生で、今は鉄道の関係会社で働いている。 アラタはもともと英語に自信があり、トモコも高校でアメリカに留学していたから、一番レベルの高いクラスで二人は一緒になった。 トモコはたしか、留学した女子のご多分に洩れず、適当なオッサンと現地処女を喪失したはずだ。 そういう細かいことをアラタは知らないが、とにかく出会った時からトモコは立派なビッチだった。 そして今もビッチだし、おそらくこれからもビッチだ。 そういうトモコと一緒にいるのは居心地がいいし、遊ぶのも楽しい。 ユウはアラタの中学の同級生。 ミキちゃんはトモコの職場の同僚だ。 トモコとユウは会ったことがある。 アラタはミキちゃんと会ったことがある。 ミキちゃんはたしか彼氏と遠恋中だが、トモコと一緒に行った飲み会で会った既婚の男といろいろあって大変だ、という話しを聞いた気がする。 ユウとミキちゃんは会ったことはないが、まぁ別に大丈夫だろう。 合流するのも悪くはないがしかし…。 アラタは今夜、知っている人よりも、知らない人と遊びたかった。 そして、ユウはなおさらそうだと思う。 だからトモコの誘いにすぐに乗らなかった。 今夜は、もっとオープンに楽しみたかった。